HOME » 投資商品選びに失敗しないために » 投資商品にまつわるみんなの体験談

投資商品にまつわるみんなの体験談

投資を始める前の心構え

投資商品には様々のものがありますが、どれが儲けられてどれが損をするということは一概に言えません。

しかし投資商品の選び方一つで、利益が出るのか損失を生んでしまうのか分かれ目になることもあります。投資は危ないものではありませんが、何もリスクがなく安全な訳でもありません。金額が大きくなればなるほど儲かった時の利益は大きいですが、損失を招いた時のマイナスも大きくなることを知っておくのが大切です。

投資を始める時には事前に良く勉強をして、自分が何を目的に投資を始めて、数ある投資商品から自分が利用するものを選ぶのか、今一度よく考えてみましょう。

みんなの声

投資をすることで得られるもの

多くの方は手元の現金を増やすなど、資産を運用する目的で始める方が多いでしょう。趣味の感覚で楽しみながらスタートするケースがほとんどです。宝くじやロト6などの商品を頻繁に購入していた方が、そのまま投資の世界に入り込むケースもあります。

ドキドキワクワクするスリルを味わえることから、宝くじなどでは満足できなくなった時に少額の投資商品から購入し始めるようです。宝くじは受け身の感覚ですが、投資の場合には自らが値動きなどを調べて行動することで宝くじでは得られない満足感や、先を見据える確かな目を鍛えることができます。

投資はただ儲けることだけを考えている人が行っているイメージですが、実際には様々な力が求められます。

始めるのもやめるのも自分次第

投資商品を選んで口座を開設するなど、投資を始める時には自ら行動する必要があります。しかし開始する時だけでなく、やってみて自分には合わない時には、自らの意思でやめることもできます。

投資には危ないイメージや危険で損をする印象がありますが、実際には無茶な使い方をしない限りは、そのようなことにはなりません。特に初心者の場合には、真面目に堅実な投資を行いますので、少しの私益にも大きく喜べる純粋さがあります。また投資する方の性格が出るのも特徴で、大胆な行動をする方がいる一方で安全な投資しかしない方もいます。

興味があるにも関わらずそのままにしてしまうのはもったいない話で、少し勇気を出して挑戦してみることも大切です。

投資商品の選び方のポイント

インターネットで開始することもできる投資は、より多くの方が気軽に始められるようになっています。以前は豊富な財産を所有する方の財テクという印象でしたが、最近では若い女性や主婦の投資家も増えていて、金融機関に預けるよりも預貯金の利子を増やして楽しむなど、ゲーム感覚で利用する方も増えています。

しかし、投資用品が多くなることで、かえって何を選ぶのが良い分からなくなります。ですが、色々な投資商品を少しずつ試すのも投資で成功する例の一つで、一つの商品に全額をつぎ込んでしまうよりもはるかに様々な可能性が広がります。

少しでも興味がある投資商品を見つけた場合には、自分なり期詳しく調べてみるなどすると良いでしょう。

参考にしたい体験談

投資に限った話ではありませんが、実際に経験した人にしか分からないことなどは、やはり体験談を参考にして情報を仕入れたいものです。特に大きな金額を動かす可能性がある投資の場合は、投資商品の選び方を始め、実際に行ったことで見えたことなどは、とても役立つ話となります。

しかし、ここで気を付けたいのは、成功例だけでなく失敗例もしっかり把握しておくことです。長く投資を行っていますと、いつも順調に儲けられるわけでも利益が生み出せるわけでもありません。両方の体験談を知っておきますと、いざ自分がピンチになった時にも冷静な判断ができるようになります。

体験談はできる限り様々な内容のものを参考にして、自分の投資生活に利用しましょう。

投資商品を選ぶ時の体験談

投資商品を選ぶ際には、インターネットだけの情報ではなく、しっかり説明会などに参加して内容を把握する機会をつくるのがおすすめです。

投資商品の一つであるみんなで大家さんを選んだ方の体験談によりますと、良い話ばかりをするイメージがある説明会ですがリスクに関する話にまで発展して詳しい説明が行われたようです。良い面と悪い面を知ることで、一見すると投資商品として選ばれる可能性が低くなってしまう印象ですが、より真剣に考えるきっかけになったようです。

投資商品を選ぶ際には、安易な判断で決めてしまうのではなく、仮に少ない金額での利用でも、しっかり調べて利用するのがおすすめです。

投資を続けている方の体験談

投資は人によっては長く続けることができるもので、生活の一部として投資に多くの時間を費やす投資家もいます。ではそのような方はどんな体験談を持っているのでしょう。長く続けられるコツは、大きく儲けようとしないことのため、大きく損失することもないようです。

この方は、定年退職をきっかけにして退職金の残りを資産運用の一種として投資を始めました。全くの未経験で知識もなかったので、セミナーなどに通いながら一生懸命勉強しました。仕事に使っていた時間やエネルギーを投資に充てていた時期もありましたが、現在はそれほど長時間関わること無く、短時間で済ませているようです。

投資は経済にも関心が抱けるようになるので楽しいですが、あまり欲深くならないように注意した方が良いでしょう。勉強熱心なこの方ならではの意見ではないでしょうか。長く続けられるコツは、大きく儲けようとしないことのため、大きく損失することもないようです。

過去に投資をしていた人の体験談

投資はずっと続けなければいけない訳ではありません。ここで体験談を紹介する方は、過去に投資をしていた方で、今は全く行っていないようです。やめた理由や事情にはどのようなものがあるのでしょうか。

私は過去に投資を行っていましたが、現在は全く関わっていません。大きく損失をしてやめたと思われることが多いですが、実際にはそうではなく単純に自分には合っていなかったのかもしれません。また沢山の投資商品に手を出し過ぎてしまい、収拾がつかなくなったのもやめた理由です。当然、投資は儲かっている時は楽しいですが、損失を出してしまった時のショックが大きく、自分自身を責めてしまうようになったので思い切ってやめました。しかし不思議なものでやめると少しやりたくなってしまうのが投資で、今は再開を検討しながら良い投資商品を探しています。これから投資をする方は、自分に合った方法であまり負担とならない程度に楽しむことをおすすめします。

この方の体験談は貴重で、一度やめて再開を検討しているという珍しいケースです。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

自分にとって投資はどのような存在か考えてみる

MONEYの文字

様々な体験談を参考にして、これから投資を始めようとしている方は、投資商品の選び方などをポイントに、無理なく関わることをおすすめします。

多くの方は限られた資金を駆使して行うことが多い投資ですので、どうしても少しでも利益を生み出そうと必死になってしまいます。しかし実際にはそれほど大きな利益を初めからうみ出せることもなく、様々な試行錯誤を繰り返して初めて投資家として成長できます。

自分にとって投資とはどのような存在になるのか、今一度考えてみてはいかがでしょうか。

「怪しい」と噂の投資商品を調査しました。投資商品のホントのトコロを調査 調査結果の一覧を見る