HOME » 投資商品選びに失敗しないために » 知っておきたい専門用語

知っておきたい専門用語

投資と専門用語の関係

辞書をめくる

どのような業界にもその分野でしか使用しない専門用語や、その分野に関わる人にしか理解できない専門用語があります。

投資の世界にもそのような専門用語が数多くありますが、その為余計に投資は難しいものだという印象を持っている方もいるのではないでしょうか。

しかし専門用語の意味を理解することで、その世界の魅力に気づくこともあります。

投資に関心がある人は、専門用語の勉強も合わせて行いますと、一層面白さや楽しさを感じられるでしょう。

知っておいた方が良い?投資の専門用語

堅苦しいイメージがある投資の世界ですが、専門用語を知っておきますと、初心者でも自然と話の内容を理解しやすくなります。

どの分野でも同じですが、特に投資の場合には、瞬時に判断しなければいけない時や、一瞬の判断違いによって結果が大きく変わることもあります。

そのため、専門用語の知識があいまいなままですと、いざという時にまず言葉を理解することに時間を費やしてしまい、良い結果に繋がりません。

言葉ばかりを勉強しても仕方がありませんが、実践を交えながらある程度の知識は得ておくことをおすすめします。

投資の専門用語を学ぶ方法

投資を始める前に知識だけを詰め込むよりも、何か見たことがない単語に出会った時にその都度調べた方が勉強になります。

投資の専門用語は漢字表記で長いものが多いのが特徴ですが、漢字だからこそ内容が何となく理解しやすいメリットもあります。

また全てを把握している必要もない専門用語は、必要な時に知識を取り入れてだんだん投資に関する専門性を高めることができます。

また簿記の勉強をして、投資だけでなく、経済やお金の流れについても一緒に学ぶのもおすすめです。

そもそも投資とは?

投資をするのはお金に余裕がある人や金融関係の知識に詳しい人だけではありません。

最近では投資に関心を抱く世代の幅が広くなっていて、若い人から定年退職をした層まで様々です。

また主婦やOLなど今まで投資とはあまり縁がないと思われていた女性の投資家も多くなっています。

趣味程度に少しだけ楽しむ方もいますが、株主優待券目当てで始めた株取引に夢中になってしまって、職業として取引をする本格派も存在します。

投資は必ず儲けられるというわけではありませんが、いつも損をしてしまう訳でもありません。

最近増えている投資セミナーとは?

開催の告知と同時にあっという間に満席になってしまう人気がある投資セミナーですが、証券会社などが開催する無料のものは特におすすめです。

投資のことだけを学べるのではなく、お金そのものに対する考え方や資産運用の話まで、知っているようで知らない話を沢山聞くことができます。

多くはファイナンシャルプランナーなどお金の専門家からの話がほとんどで、専門用語を交えた難しい話というよりは、ユーモアや笑いを交えたような気さくなセミナーが多いようです。

基本的には、開催する証券会社を利用している方向けのイベントですが、主催するイベントによっては誰でも自由に話を聞くことができるイベントもあります。

優先劣後方式とは?

これは不動産投資商品であるみんなで大家さんという商品に使用されているものです。この優先劣後方式は、投資商品の運営会社が投資家に支払う元本の返却などに優先順位を付けることを指します。

文字通り優先する順位をつけて優劣を判断するやり方なので、一見難しいように見える専門用語も、内容と合わせて知ることでそれほど難しく感じられないということがお分かりいただけたかと思います。

このように、自分が関心を抱いた投資商品のことなどを調べていた場合に、どうしても理解できない言葉があった時には、自分なりの方法で言葉の意味を理解するとよいでしょう。

身近な専門用語である株主優待券とは?

投資の専門用語の中にも、頻繁に見聞きするものや良く知るものもあります。その一つは株主優待券で、この存在をきっかけにして投資をスタートさせた方も多いのではないでしょうか。

文字通り株主を優待する券で、株主として投資をしている企業から掛けている金額に応じてその企業の商品や割引券などが進呈されるシステムです。

より身近な企業の株主になりますと、生活に密着した株主優待を受けられます。

例えばよく外食する焼き肉屋の株主になっておきますと、割引券や食事券などをもらえる可能性があります。知らない企業に投資するよりも、より早く株主としての恩恵を受けられるので、投資初心者におすすめです。

グローバル債券とは?

ひらめいた電球

グローバルという言葉は様々な業界で頻繁に用いられる言葉ですが、投資の分野でも広く利用されることが多いです。その中でも良く耳にするグローバル債券についてご紹介します。

債券は通常1つの国のみで発行や募集が行われますが、グローバル債券は2か国以上の国で同時に発行や募集が行われる債券のことを指します。

償還日とは?

債券における償還日とは、保有者に額面の金額を満額払い戻す満期日のことを指します。また投資信託における償還日は、運用が終了する日のことを指します。

よって同じ償還日であっても、利用する投資商品によって言葉の使い方が若干異なりますので、違いをしっかり理解しておくことが大切です。

トータルリターンとは?

投資の専門用語は漢字だけでなく、カタカナ表記のものも沢山あります。

その中でも頻繁に利用されるトータルリターンとは、投資商品から得られる総合収益のことを指していて、総収益率とも呼ばれ、コスト面などを計算してどれくらいの利益を得られるのか計算する際に用いられる用語です。

分配金や分配利回りにばかり注目しやすい投資信託ですが、トータルリターンにも注目して投資を行いますと、より良い結果に繋がる可能性が高まります。

普通分配金とは?

投資信託には2種類の分配金があり、普通分配金と特別分配金とも呼ばれる元本払戻金があります。

普通分配金は、投資信託の標準価格が投資家の個別元本を上回っている場合や同額の場合に支払われる金額を指します。

また普通分配金は課税対象となりますので、金額によっては税金を納める必要があるのが特徴です。

REITとは?

不動産投資信託のことを指すREITは、正式名称の通り不動産に投資することで利益を得る投資信託のことです。

証券取引所に上場している商品の場合は、他の上場株式と同様に取引することが可能で、通常通り売買できます。

REITの仕組みは物件の賃貸収入が主な利益の元となっていて、投資家から集めた資金で不動産の保有や管理を行います。

また対象となる不動産はマンションなどの住宅だけでなく、ビルやショッピングセンターなどの商業施設も対象となっています。

都会に不動産を所有することが夢という人にとっては、間接的投資することでビルのオーナー気分が味わえるREITは、そうした願望を実現させるという点が魅力になります。

投資の専門用語はそれほど難しくありません

普段なかなか使用しない言葉が多い投資の専門用語ですが、投資をするようになりますとそれほど難しさを感じなくなります。

聞き慣れない言葉が多いのは確かですが、取引の仕方や専門用語も含めて少しずつ慣れていくことで、投資の技能も上達するはずです。

最初のイメージで決めつけてしまうのではなく、小額からでも投資をするようになりますと、専用用語の勉強をしながら儲けを生み出すことができるかもしれません。

投資の内容と合わせて、専門用語についても学んでみてはいかがでしょうか。

「怪しい」と噂の投資商品を調査しました。投資商品のホントのトコロを調査 調査結果の一覧を見る