商品先物取引

「大損する」「難しい」というイメージのある商品先物取引について紹介しています。

投資に慣れた人向けの資産運用・商品先物取引

今回、このサイトで紹介する投資商品の中でも、ダントツの歴史があるのが商品先物取引です。

現在の大阪堂島商品取引所の前身である大阪堂島米会所に、江戸幕府が米の先物取引を許可したのがはじまりと言われています。

取引を管轄するのは農林水産省と経済産業省で、私たちの生活にかかせない大豆や米、トウモロコシなどの農産物のほか、原油やガソリンなどのエネルギー、金やプラチナなどの貴金属などが、その対象となります。

商品取引所は、東京商品取引所と大阪堂島商品取引所の2ヶ所。

仕組みとしては、上場している商品を将来の一定の時期に引き渡して決済の取引を約束するもので、変動する商品の価格をあらかじめ決めておくことで、そこで出た差額が利益や損失になる訳です。

例えば、4,000円で買うと約束したものが将来4,300円になっていれば300円の利益。4,000円を下回ってしまえば、その分が損失になります。

先物取引は市場の変動が読めないから難しいと思う人もいますが、最近では取引をサポートする業者が増えたことや、少額でも始められるようになったことで、そのハードルはかなり下がっています。

商品先物取引の概要

  • 事業開始:江戸時代から仕組みはあった
  • 1口:必要な口座開設金額・証拠金は業者によってことなります
  • 運用年数:投資家による
  • 途中解約:可能
  • 想定利回り:取引商品による
  • 過去元本割れの有無:有
  • 安定性:物を購入・売却する時期と価格を先に決めておくため、物価や株価に左右されやすい。
  • メリット:対象商品の価値の上下を見られれば、大もうけの可能性あり
  • デメリット:物価の上下のタイミングが読みづらく、素人には難しい

商品先物取引関連のサイトで詳しい商品情報を見る

先物取引で投資している人の声

始めてすぐにコツを理解したおかげか、気付いたときにはかなりの利益を上げていました。原油価格を気にして海外のニュースや外国為替、株価もよく見る必要があります。

「怪しい」と噂の投資商品を調査しました。投資商品のホントのトコロを調査 調査結果の一覧を見る