ビットコイン

投資商品として評判を集めたビットコインについて紹介しています。

ネット世代から評判を集めた仮想通貨・ビットコイン

ビットコインは2009年から運用が開始された仮想通貨です。仮想通貨と名前がついていますが、硬貨も実在し、硬貨・データともに実際の通貨である円やドル、ユーロなどに換金が可能です。

また、世界各国どこに送金しても手数料がかからないという点が、国を超えてやり取りをする際に便利です。

それがなぜ投資の対象になるかというと、ビットコインの流通量が決まっていることがその理由。

流通量が一定なのにビットコインを使う人が増えれば、需要と供給の関係で価値が上がっていきます。実際、最初は1ビットコイン=1セント以下の価値しかなかったものが、2014年には550ドル前後にまで膨らんでいます。

これは投資という点でみると、ものすごく大きな利益です。

グローバルな時代に大きな可能性を秘めていると期待されるビットコイン。しかし、2014年にその危険性も顕著となりました。一時期、世界最大の取引量を誇っていたMt.Gox社が破綻したのです。

管理していたビットコインのデータがセキュリティを突破されて盗まれたことが発端です。

現状、各国から通貨として認められているわけではないものの、世界中に広がっているビットコインですから、これから規制などが本格的になるかもしれません。

ビットコインの概要

  • 事業開始:2009年
  • 1口:相場によって変動 
  • 運用年数:投資家による
  • 途中解約:可能
  • 想定利回り:不明(最高時は10%超え)
  • 過去元本割れの有無:有
  • 安定性:国家の承認がない仮想通貨であるため、価値が安定していない。また、日本国内にあった世界最大の取引所が破綻したため、信用度も低い。
  • メリット:相場によって価値が上下する。
  • デメリット:「物」よりは「データ」でのやり取りがメインとなるため、データに不備があると一瞬で破綻する。

ビットコインに投資した人の声

登録、送金、受け取りすべてが超スピーディーにできてしまい、面倒な申請もいりません。上がるのを期待して追加で購入します。

「怪しい」と噂の投資商品を調査しました。投資商品のホントのトコロを調査 調査結果の一覧を見る