ビットコイン

投資商品として評判を集めたビットコインについて紹介しています。

ネット世代から評判を集めた仮想通貨・ビットコイン

ビットコインは2009年から運用が開始された仮想通貨です。仮想通貨と名前がついていますが、硬貨も実在し、硬貨・データともに実際の通貨である円やドル、ユーロなどに換金が可能です。

また、世界各国どこに送金しても手数料がかからないという点が、国を超えてやり取りをする際に便利です。

それがなぜ投資の対象になるかというと、ビットコインの流通量が決まっていることがその理由。

流通量が一定なのにビットコインを使う人が増えれば、需要と供給の関係で価値が上がっていきます。実際、最初は1ビットコイン=1セント以下の価値しかなかったものが、2014年には550ドル前後にまで膨らんでいます。

これは投資という点でみると、ものすごく大きな利益です。

グローバルな時代に大きな可能性を秘めていると期待されるビットコイン。しかし、2014年にその危険性も顕著となりました。一時期、世界最大の取引量を誇っていたMt.Gox社が破綻したのです。

管理していたビットコインのデータがセキュリティを突破されて盗まれたことが発端です。

現状、各国から通貨として認められているわけではないものの、世界中に広がっているビットコインですから、これから規制などが本格的になるかもしれません。

ビットコインの概要

  • 事業開始:2009年
  • 1口:相場によって変動 
  • 運用年数:投資家による
  • 途中解約:可能
  • 想定利回り:不明(最高時は10%超え)
  • 過去元本割れの有無:有
  • 安定性:国家の承認がない仮想通貨であるため、価値が安定していない。また、日本国内にあった世界最大の取引所が破綻したため、信用度も低い。
  • メリット:相場によって価値が上下する。
  • デメリット:「物」よりは「データ」でのやり取りがメインとなるため、データに不備があると一瞬で破綻する。

ビットコイン関連のサイトで詳しい商品情報を見る

ビットコインに投資した人の声

登録、送金、受け取りすべてが超スピーディーにできてしまい、面倒な申請もいりません。上がるのを期待して追加で購入します。

だれでも自由に自分の株式を発行できるサービス「VALU」とは

VALUとは、「VA」と呼ばれる自分の株式のようなものを自由に発行して、売買することができる、ビットコインの新たな投資商品です。登録すればだれでも「VA」を発行することができるうえ、「VA」の売買はビットコインを通じてのみ行うことができるという点から、注目を集めています。

VALUを使ってできるのは「VA」の発行・購入・売却・所有

VALUの機能は、「VA」の発行、購入、売却、所有です。 VALUに登録すると、登録した人がSNS上で持っている社会的な価値、つまりフォロワー数や「いいね」の数に応じて「VA」を発行することができます。発行されたVAは、登録した人の時価総額を示す新しい価値であり、わかりやすく説明するなら株式に近いものです。また、VAの初期販売額は、VAを発行した人が自由に決めることができます。

VALUが話題になった理由はさまざまですが、もっとも大きな理由は「通常なら厳しい条件をクリアしてはじめて公開できる株式を、個人レベルで気軽に発行できる」からでしょう。

発行されているVAは、ビットコインがあればだれでも購入することができ、また、改めて値付けをして売却することも可能です。 発行数に限界があるため、流通量に制限があること、自由に売買できることから、VALU内で一部のVAの取引価格が跳ねあがり、投資商品としても話題になっています。

トップクラスのVALU利用者(VALUER)になると、VAの発行数と単価をかけあわせた「時価総額」が100億円を越えている人もいるほどです。

VALUは利用目的が幅広い

VALUは利用者の層が非常に厚く、起業家やアーティスト、ブロガー、ユーチューバーをはじめとして、VAの売買でビットコインでの利益を狙う投資家、一般人までVALUを利用しています。

VALUがさまざまな属性の人たちに利用されているのは、その利用方法が多いからでしょう。VALUは、ビットコインを使った投資商品という面、個人が手軽に自分の人気や価値を「VAの時価総額」という形で確認することができる人気度のチェックツールという面、個人で活動するアーティストや作家などが、優待を利用して手軽に資金集めをすることができるクラウドファンディング的な面をもっています。

登録の手軽さと、サービスの新しさからくる話題性、そして人によってさまざまな利用法があることが理由となって、大量のビットコインが投資されているのです。ただ、VALUは株やクラウドファンディングに似たシステムですが、株やクラウドファンディングとは明確に違う点があります。

それは、VALUが「明確なリターンが保証されていないサービス」であることです。「企業が利益を追求するために発行され、金銭的な配当の存在する株」や、「目標を達成するための資金集めであり、投資額に応じた物品や特典の入手が保証されているクラウドファンディング」とは違い、VAはあくまでも相手を応援するための投資サービスなのです。

株式と違って金銭的な対価を優待にすることができない

VALUの規約上、発行したVAに対して、現金や商品券などの金銭的な優待をつけることは禁止されています。つまり、株でいう「配当」は存在しません。

VAをもっている人にのみ利用できる情報サイトや、金銭以外の特典を用意しているVAの発行者もいますが、優待そのものを設定していない発行者もいます。クラウドファンディングのように、「投資した額に応じたリターンが保証されている」ものでもないのです。

利益を出すには「安いVAを購入して、価値があがったら高く売る」しかありません。投資商品として見た場合、不安定な面もあるといえます。

ただ、VALUは新しいサービスなので、これから人気度の高い著名人やアーティストの登録者が増える可能性も高いです。人気がある人のVAを初期に購入できれば、VAの売買で利益を出すこともできます。

参入が早ければ早いほど投資のチャンスが増えるので、ビットコインやビットコインでの投資が気になっているなら、一度VALUを利用してみてもよいでしょう。

「怪しい」と噂の投資商品を調査しました。投資商品のホントのトコロを調査 調査結果の一覧を見る