HOME » 実態チェック!怪しい噂のある投資商品

実態チェック!怪しい噂のある投資商品

「怪しい」という噂のある投資商品を集めて調べてみました。

投資商品・怪しい噂の真相

まれに大きく報道される投資関連企業の破綻。その多くは何十億、何百億もの負債だとか、出資した人たちの被害額が連日報道され、ワイドショーでも「なんてヒドイ」というコメントが飛び交います。

そんな報道を見ていると、「投資は怖い」と思ってしまいませんか?

さらにその思いを裏付けるように、高利回りを謳っているもののその根拠が薄いものがあることも事実。中には最初から詐欺まがいのものもあり、しっかり調べないと危険という認識は正しいものです。

ただネット上の口コミ評判には無責任なものが多く、「誰かが言ってた」という噂レベルのものから、嫌がらせのようなものまで様々。

そして、投資商品の種類もよく選ばなければいけません。

投資家の中には株式やFX,、先物取引など自分で銘柄を選ぶ人がいれば、証券会社などにお任せという人もいます。高配当という言葉だけを見て、証券会社の営業マンが勧める商品を買う人もいれば、国債など堅実なものしか買わない人もいます。

投資のスタイルが違えば、得の仕方も損の仕方も違いますから、「失敗」の感じ方も客観的ではないことも多いでしょう。

ネットの情報を見る際には、良・悪双方の評判をできるだけ客観的に判断することが必要です。

ここでは、そんな巷の声を調査し、できるだけ客観的に投資商品を紹介しています。もちろん、すべての商品にリスクはつきものですが、それぞれのリスクの度合いなども紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

FX(外国為替証拠金取引)

FXは、少額から始めることができる投資です。日本では1998年にスタートしており、まだ比較的新しい投資ではあるものの、人気がとても高いのが特徴。あまり投資に詳しくない人でも聞いたことがある投資商品ではないでしょうか。一気に大きな稼ぎを得ることもできるため、今までFXで数億円稼いだという投資家もいます。もちろん、その分気をつけていないと大きな損をする可能性もあるので、初心者は慎重に始めなくてはいけません。上手にリスクを回避しながら続けられる方法を見つけましょう。


「FX(外国為替証拠金取引)」の詳細はこちら

商品先物取引

とても長い歴史がある投資商品です。江戸幕府が先物取引をしたのが始まりとされており、かなり古い時代から行われていたことがわかりますね。先物取引は、先を予測する必要があります。市場の変動はどうなるかわからないため、難しい投資だといわれることも多いのですが、最近はサポートしてくれる業者も増えてきています。自分で難しいところは業者のサポートを借りることで、商品先物取引もしやすくなるはずです。以前よりも少額から始められるようにもなっているため、挑戦しやすくなっているでしょう。


「商品先物取引」の詳細はこちら

ビットコイン

2009年から開始されたビットコインは、とても新しい投資商品です。仮想通貨という名前がつけられており、少し前まではあまり誰も手を付けなかった投資商品でした。しかし、注目する人がどんどん増えたことによって、開始された当初は1ビット1セント以下だった価値が、2014年には550ドルにまで跳ね上がってきています。開始された当初からビットコインを持っていた人は、かなりの利益が出ています。世界中で話題になっている投資商品であるため、まだまだこれから伸びていく可能性が高いでしょう。


「ビットコイン」の詳細はこちら

みんなで大家さん

多くの投資家で資金を持ち寄って、商業施設や集合住宅のオーナーになる、という投資です。賃料をオーナーとなった人たちで分けることによって利益を生み出します。一人でオーナーになろうと思うと、お金もかかり不安も感じます。でも、みんなでオーナーになれば少額から始められます。またリスクも最小限に抑えることができますね。借り手が安定してつきやすい賃料が高めの物件に絞っているため、安心して投資が可能です。


「みんなで大家さん」の詳細はこちら

マリオンボンド

株式会社マリオンが手掛けている、不動産の投資商品です。賃貸で得た収入を、出資した人たちで分配するという仕組み。1口25万円からの少額投資ができるようになっているため、幅広い年代に人気があります。2004年にマリオンポンド1号が発売されてから、なんとずっと元本割れや想定利回りを下回ったことがない、という安定した投資商品です。


「マリオンボンド」の詳細はこちら

maneo

事業を開始するための費用を集めたいという人と、投資家のマッチングをさせるのがmaneoです。日本でスタートしたのは2008年とまだ歴史は浅いのですが、世界では資金調達に個人の投資家を募るというのは、よくあることです。maneoでは事業資金のみを対象としており、審査もあります。事業内容を見ながら、ここを応援したいという案件に自らの意志で投資できるので、投資する人主導で進めることができます。


「maneo」の詳細はこちら

クラウドバンク

ソーシャルファンディングの一つで、証券会社が提供する投資型のソーシャルファンディングに分類されます。少額で、しかも個人で投資ができるとあって人気が高まっています。まだ運用実績は少ないものの、日本でもiPS細胞を開発して一躍有名になった、山中教授が研究費用を募ったということもあり、知名度もある投資商品です。口座開設費用・手数料といった投資を始める際にかかりがちな費用も必要ないので、気軽に始められるでしょう。


「クラウドバンク」の詳細はこちら

J-REIT(リート)

市場から集めた資金を様々な不動産に投資し、投資家に賃貸収入・売買での利益を分配する投資商品です。東京証券取引所に上場していることで、購入や売却の手続きが手軽にできる点がメリットとなり、人気を高めているポイントです。株式に比べて元本の安全性は高い投資商品であると言われながらも、時には株式よりも大きな暴落をする可能性がゼロではないため、注意しておきたいところです。


「J-REIT(リート)」の詳細はこちら

システムトレード

システムトレードは、自動売買プログラムのことです。1日中パソコンの前に座っていられない、日中に本業がある人にとってはとても便利なプログラムとして使われています。取引中の通貨がいきなり値下がりをしても、普段仕事をしている人はすぐに売買をすることができません。そのため、大損をしてしまうことも。値下がりしてきて、そろそろ売ったほうがいいかもと思っていても、まだ大丈夫と思って売らずにいたら更に損失を増やしてしまう、という失敗もよくあります。そういったリスクを避けるために開発されているのが、自動売買プログラムです。損失を最小限に抑えるために働き、また長期でちゃんと利益を出せるようにと考えられているので安心ですね。


「システムトレード」の詳細はこちら

バイナリーオプション

FX投資のオプション投資で、為替が上がるか下がるかを予想する、というもの。予想が当たれば儲かる、予想が外れれば損をするというシンプルさが人気です。予想は上がるか下がるかだけなので、50%。一見当たりやすいように見えますが、なかなかそういうわけにはいかないのがバイナリーオプションの難しいところ。勝率を上げることが、利益を生み出すためのポイントです。


「バイナリーオプション」の詳細はこちら

ワイン投資

ワインを購入後、熟成させて価値の上がったワインを売るという仕組みがワイン投資です。ただし自分で保管をするのは難しいので、投資家を募っている専門の金融業者に1口単位で投資をすることになります。ワイン投資はイギリスを中心都市、古くから金融商品として存在しています。熟成の期間に応じて値上がりしていくので、長期的な投資によって儲かる確率も高くなる点がメリットです。


「ワイン投資」の詳細はこちら

サーフミニ

不動産投資商品の一つですが、元本割れのリスクを軽減する方法を採用しているのが特徴です。また、販売が開始された1999年から一度も元本割れをしたことはないため、安定性が高い商品として人気を集めています。ただし、とても競争率が高いため、即完売になってしまいます。サーフミニへの投資はライバルが多いので、いち早く情報をゲットして購入できる機会を狙わなくてはいけません。


「サーフミニ」の詳細はこちら

ラッキーバンク

2014年より始まった、日本で初めて不動産に特化したクラウドファンディングサービスです。すぐに締め切られてしまうことも多く、とても人気が高いのが特徴となっています。どうしてそれほど人気が高いのか、その理由は利回りの高さにあります。ただし、利回りが高い分、株価の影響も大きく受けてしまいます。そのため、下落するリスクもあることを知っておきましょう。人気でなかなか手に入らないので、案件募集をしているときがないかこまめにチェックをしておかなくてはいけません。


「ラッキーバンク」の詳細はこちら

VALU

ビットコインを使用し、支援したいユーザーを見つけ、好きな価格で取引をするという仕組みです。「VA」と呼ばれるものが、支援を受けたい人が発行する株式のようなものです。株式は会社を支援しますが、VAは個人を支援する、それだけの違いなので、わかりやすい投資商品ではないでしょうか。始まって間もない新しいサービスで、わからない点もまだまだたくさんあります。ただし、反対にまだこれからの段階で投資をしておけば、サービスの人気が出たときに大きな利益を得られる可能性もあるでしょう。


「VALU」の詳細はこちら

「怪しい」と噂の投資商品を調査しました。投資商品のホントのトコロを調査 調査結果の一覧を見る